スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

見ました。アンテナ22 独占密着中村勘太郎と七之助

→アンテナ22見る
番組の内容は、歌舞伎のことがほとんどだったのできっと弥次さん喜多さんのことに触れることはないやろなぁって思ってたらちゃっかり映像まで流れてたんで、うれしかった。

最初に出てきたグリーンがバックの喜多さんのウルトラマンのようなポーズは、弥次喜多の特典DVDに入っていた映画原作のしりあがりさん寿さんが監督した「ふろくの宿」のなかで使われていたシーン。映画とはまったく関係ないもんがいきなり出てきたので笑った。よりにもよってなんでこれが。。この「ふろくの宿」はしりあがりさんぽいショートムービーだったけど正直あんまりおもしろくなくて一回しか見ていないにもかかわらず、すぐにわかってしまったのはきっと映画のほうを何回も見てたからだろう。映画にはないシーンだって。


↑DVD特典映像にあった「ふろくの宿」リヤル防衛隊


そのあと、しばらくして映画の紹介がちゃんとあった。

しかも喜多さんの幻覚を見るシーンでも私が一番好きな「OLのお昼休み」を使ってくれるとは!ほかにももっとまともなシーンがあったろうに・・・


↑ヤクがきれて、大名行列がOLの行列に見えてしまった喜多さん。
「OLだぁ。OLのお昼やすみだぁぁ。」

あと、喜多さんがヤク中であることがばれ、箱根の関所を通れず、
弥次さんと離ればなれになってしまうシーンも流れました。

話は戻り、彼ら兄弟の小さいころの映像も少し。鏡越しにふざけてお父さんに怒られ、思い切りぶたれてしまった七之助。お父さんに「帰れ!」っていわれて泣きながら「おちゅかれさまでした」痛そうでかわいそうだったけど、めちゃめちゃ号泣してるんがかわいかった。

今回、歌舞伎やそのお稽古してるところとかたくさん見れてよかった。私も含めて歌舞伎を見に行ったことがない人は、一回見に行ってみようって気になったんじゃないかと思う。行けるかなぁ。でも一回は行ってみたい!

喜多さんの屁

+act. 4 (2005 Spring)―visual movie magazine (4)
+act. 4 (2005 Spring)―visual movie magazine (4)

だいたい弥次喜多の記事が載ってる雑誌ってクドカンと3人で映ってる
写真の表紙が多かったけど
この雑誌は、弥次喜多のふたりだけがモノクロで映ってる表紙。

いつ買ったのか覚えてなくて、こないだ、ふとみつけた。
たぶん、売ろうと思って古本でどさくさにまぎれて買ったから
覚えてないんかも・・・。
ちょっと弥次喜多の記事を読み返してみようと思って
読んでたら、ちょっと「えー?!」って思うようなこと載ってた。

二人は、映画のことについてインタビュー形式で答えている。

現場ではハプニングも相当起こったのでは?

長瀬「ごろっごろありますよ。あんだけいろんな動きがあって、
セリフだかアドリブだか分からない状況で、
スタートからカットがかかるまで突っ走るわけですからね。
そりゃあ石コロにつまずいてパタンと倒れることもあるし。
走っているのにつまずいたらNGっていうのは絶対ウソだよね。
必死で走ればつまずくこともあるよ。むしろ、そういう
ハプニングを活かしてくれる監督だったから楽しかったんだよね。
七之助君は、屁までこいだし(笑)

中村はい、ふつうに(笑)シーンとした真面目な場面で、
怖い顔で振り返る芝居があったんです。そのとき気を入れて
振り返ったら、プゥって。でも僕は笑わなかったし、
周りのスタッフも笑わなかった。あ!と思ったけどそのまま
芝居を続けてたんです。カットがかかったあとも誰も反応しないから、
気まずいなあと思って。"いまの聞こえました?"といったら、
みんながドッっと笑った(笑)」

中村「・・・・・・現場はオナラも全然恥ずかしくない状況でしたよね」


こういうことをサラッという人だったのか。
こんな記事全然読んでなかったわ。

映画では、弥次さんが屁をこくシーンがあるけど
喜多さんにこういうお話があったとは・・。

弥次さん喜多さんの弁当箱が届いた。


わー、ほんまに弁当箱になってる!
開けたらヤクが出てきた!と思ったら写真だった。
バラバラ出てきそうですごいびっくりした。

DVDは本編と特典映像の2枚組みグッド

届いてから早速、特典映像のDVDを・・。
ちょっと観ようと思ってたつもりが
結局ほとんど観てしまったー。悲しい

どれもこれも見ごたえあってなんか得した気分。

メイキングから観たけど
一番声に出して笑ったのは、魂に扮する荒川良々。
本編では、CGが使われいていっぱい荒川良々が出てくるけど
撮ってるときってそういえば、全部一人芝居になるんや。

それが事細かにセリフもちゃんとあって
流れもあって物語も成立してる!
メイキングは地味な映像だったけど、ある意味感動したわ。

舞台挨拶の様子も入っててうれしかった。
こんなの絶対行けないもんな。
七之助が謹慎中だったとき、クドカンが喜多さんの
格好して挨拶してたのはワイドショーでも観たことあったけど
やっぱり似合ってるなぁ。

トークショーでも言うてたけど
さりげなく弥次さん喜多さんが時代劇や水戸黄門に出たりとか
まだ旅してる風にふらりとどこかで登場するの。
なんか想像するだけでおもしろい。

今は「東海道で行こう」が頭の中でヘビーローテーション。

Mステに弥次さん喜多さんが出演したときの映像、
ずっとパソコンに入れっぱなしだったので
今日はやっとDVDに入れた。


グラサンつけて(手つないで)登場!


「初登場!弥次さん喜多さんですー」ってタモリの紹介がなんかおかしい。
初登場もなにも今後このユニットでの出演予定はあるのか?

↓過去の記事
Mステ(4/29)に弥次さん喜多さん登場!!

てやんでい、べらんめい。

内容紹介
【ストーリー】
お伊勢を目指せ!時代劇の常識をブチ破る奇想天外な冒険!
ディープに愛し合う、ワイルドで男らしい弥次さん(長瀬智也)とヤク中の喜多さん(中村七之助)は“リヤル”を探してお伊勢さまを目指す“てめぇ探しの旅”に出発。しかし、行く手には笑いをとらないと通れない関所、歌い踊る主人のいる茶屋、アーサー王のとろろ汁屋など奇天烈な関門が・・・。果たして二人の旅はどこにたどり着くのだろうか!?
【特典(予定)】
Disc1(本編ディスク)
・コメンタリー(スペシャル・コメンタリー 宮藤官九郎ほか)
・予告編、TVスポット集
Disc2(特典ディスク)
・ メイキング(VFXメイキング、音楽メイキング、インタビューほか) 約60分
・ 未使用シーン 約15分
・舞台挨拶(完成披露&初日シネマライズ&初日新宿ジョイシネマ)&「キック・ザ・カンクロー」公開収録 
・ くど監トークショー (ゲスト:しりあがり寿&向井秀徳、小池栄子&阿部サダヲ、長瀬智也&中村七之助)
・ ZAZEN BOYS 「TANUKI」PV・・・特別編集弥次喜多バージョン
・ 絵コンテ集・・・宮藤官九郎バージョン&奥山潔バージョン絵コンテを収録
・ 美術・衣装・小物・場面設定画ギャラリー・・・静止画収録
・宮藤官九郎としりあがり寿が行く東海道中の旅(仮)・・・撮りおろし旅番組風ドキュメンタリー
・しりあがり寿監督「おまけの宿」(仮)・・・撮りおろしショート・ストーリー

やっぱり喜多さんがかわいい。

弥次喜多のDVD。解説付きの今日ちょっと観てた。
解説付きのはクドカンと出演者がリラックスして
しゃべってる。
<長瀬くんと中村七之助>(part1,2)
<研ナオコ><カヲルさん(皆川猿時)>
<ぐっさん><古田新太>
リレー式で本編が流れるよ。

カヲルさんのときは一瞬キックザカンクローみたいになる楽しい

一番おもろかったのはやっぱり魂の宿で魂役の荒川良々が
いっぱい出てくるとこ。細かいところを見始めたら
余計、愛着わいてくるよ。楽しいね楽しい

解説でカヲルさん(皆川猿時)が言ってたけど
この映画で人を好きになることを教えてもらったって。
カヲルさんにしては?いいコメント。

それと・・・本編では喜多さん(中村七之助)がやっぱりかわいい。
細かいけどショック一番すきなのは、森の中のバーでウソの弥次さんを見つめるシーン。すっごくきれいでかわいらしい。

それとぜんぜん関係ないけど
今、CMでやってるコマーシャルをコマーシャルする猿。
コマーさるくんの声って阿部サダヲやんね。
ずっと書こうと思って忘れてた。

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション

弥次さん喜多さん借りてきたらこんなのもらったよ。


「ただいまお渡ししております。」ってTSUTAYAの
店員に渡された。てっきり広告だろうと思ってたら
弥次喜多のステッカーだった!
もらえると思ってなかったのでなんかうれしい楽しい
「あたまぱっかーん」て誰の言葉だったかなぁ?
映画観にいったけど・・今日は観て確かめよう!

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション

今日のMステに弥次喜多

忘れてもいいように録画予約はしておいた。
他の歌番組は出ないのかなぁ??

弥次喜多観に行ったよ。

真夜中の弥次さん喜多さん (1)
真夜中の弥次さん喜多さん (1)
しりあがり 寿

そうそう、16日からほとんどのところで映画公開されるから
とりあえず、「真夜中の弥次さん喜多さん」のコミック本
を出品しておこうと思ってAmazonに出品したら昨日即売れだったよ。
(あと、弥次喜多in DEEPも持ってるよ。まだ出品してないけど)
こんなに早く売れるとは思ってなかったから
あー、ちゃんとまだ読んでないよーと思って
梱包する前にマッハで読んだとこが今日観た映画にそのシーンが
そのまんま出ててしかも意外に忠実に表現されてるから
すごぉいって思ってしまった。

↓ややネタバレ注意。
続きを読む >>

弥次喜多の宣伝で、くど監FM802に。

nyacoさんのおかげでラジオ聴くことができた。
ありがとう!

生出演かと思いきや、やはり録音だったわ。
舞台挨拶の日でもないしね。
弥次喜多の舞台挨拶付きチケットぴあに応募したけど
どうもハズレたようだ。
毎日ポスト見てるけど来てないよ。ううう。

しょうがないので明日梅田ブルクに
普通に買いにいく。

なんかね、今まで見たことがない映画になってるって
またどっかで聴いたことあるようなこというてた。
そんでもし、カップルで観にいったとしたら
感想は後日、メールででも語ってくださいって言うてた。

どういう意味だろう?
もっといろんなこというてたけど忘れた。
でもさらに映画楽しみになったことは間違いない!
「フラワーアフラヌーンをお聴きのみなさん・・・」って
宮藤さんがいうてるのもなんか違和感ある。。
思いっきり大阪のラジオ番組やもんね。
でもなんかいいようのない嬉しさがあったね。

メントレ見れたー

弥次喜多の映画の宣伝だけかと思いきや
今までのドラマの話やグループ魂の話まで
予想以上に内容が魅力的だったので
録画しといてよかったー。
リアルタイムでちゃんと見れたけど・・・。

「メントレG」

まさかグループ魂の映像が流れると思って
なかったからびっくりしたー。
もう売ってしまおうかと思ってたDVD
また見たくなったなぁ。
やっぱり売らないでおこう。

そういえば去年初めて行ったライブのDVDは
まだ出てないのかなぁって思ったら
予約受付中になってたわー。

グループ魂の雨の野音(晴天決行)
グループ魂の雨の野音(晴天決行)

今日は弥次喜多読んでた。

弥次喜多in DEEP (1)
弥次喜多in DEEP (1)
しりあがり 寿

マサヲさんがブックオフで買って来たヤツ読んでた。
私も「真夜中の・・」を買ってるけど
先にDEEPのほうを初めて読んだ。
なんか訳がわからない展開がおもしろい。

そうそう、ぴあに載ってた弥次喜多の舞台挨拶付き試写会に応募したの。
クドカンは舞台挨拶って大阪でやったことないんちゃう??
わからんけど。。
ゼブラーマンのときも居なかったし。

グループ魂のライブではみれたけど
12月のお芝居、チケットとれなかったから
今回当たるといいなー。