スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

吾輩効果?

まだこのCMテレビで見たことないけど
洗剤のCMに斉藤由貴さんが出てるらしい。
「摩訶不思議なり」
そんなことは言ってないけど(笑)
「吾輩〜」の劇中でやってたCMを彷彿させる雰囲気。
さすがにエッセンシャルのCMには出られなかったか。。
↓こちらからCM映像が見られる。
http://www.kao.co.jp/attack/commercial/cm001.html

→関連記事見る

吾輩は主婦である:第四十話「こころ」

→吾輩は主婦である見る
第40回 7月14日(金) こころ
そして、ついにみどりに宛てた遺書を読むことに。その中に記された、吾輩のみどりへの思いとは・・・!?そして、吾輩とみどりの運命は!?


最終回、漱石ではなくみどりとして矢名家に戻ってきた。
この回は、一度も漱石になることなかった。
続きを読む >>

吾輩は主婦である:インタビュー 磯山晶プロデューサー

→インタビュー 磯山晶プロデューサー見る

とうとう吾輩も終わってしまった。

さびしいー。

一度も吾輩になることなく(吾輩の練習はあったけど)
今日は終わってしまったのでほんとにさびしかった。

宮藤さんにはめずらしくまとまった終わり方に
なったんじゃないだろうか。

40本もあるということに驚きつつ、
20話から30話くらいまでは逆ギレみたいな台本を書いたと
言っていたが、本人の言うとおりその部分を含め、
後半もすごくおもしろかった。

来週からはもう見れないんだと思うとさびしいけど
私としては、続編ではなく2時間スペシャルとかで
戻ってきてほしい気がする。無理かなぁ。

吾輩は主婦である:第三十九話「からだ」

→吾輩は主婦である見る
第39回 7月13日(木) からだ
やすこへの遺書が見つからず、やすこが暴れる中、たかしへの遺書を読むことに。そこには、たかしへの感謝の気持ちが記されていた。そして、その気持ちを込めた、贈り物がたかし宛てに届く。


とうとう明日で最終回。
予告ではみんな涙してたけどその一瞬を見ただけで泣きそうになったよ。

明日は、夏目漱石の声のナレーションをしていた
本田博太郎さんが出演。なんの役なんだろうか。
続きを読む >>

吾輩は主婦である:第三十八話「おうち」

→吾輩は主婦である見る
第38回 7月12日(水) おうち
ちよこ宛ての遺書を読む一同。そこには、夏目漱石ゆかりの地を、二人で散策した思い出が記されていた。そして、ちよこがある決意をしたことも・・・。そして、ちよこへある提言を。


今日はちよこの遺書が読まれた。

なんか今日はうるうるシーンもあってよかったね。
泣き女はいつも以上に大粒の涙で本気モードで泣いてたね。

しみじみ。




続きを読む >>

夏目漱石は、アイデアに行き詰ると鼻毛を抜いて、
原稿用紙に並べていた。

今日のトリビアでやっていた。

この鼻毛エピソードは内田百間の
私の「漱石」と「龍之介」
私の「漱石」と「龍之介」という本に書かれているらしい。

トリビアには、夏目漱石の孫である夏目房之介さんが
出演されていて、マンガ評論家だと言っていた。
小学校時代から漫画を描くのが大好きで
「マンガのなっちゃん」と呼ばれたらしいよ。

吾輩のドラマは見てないかなぁ。。なーんて。

夏目漱石の弟子であった内田百間が漱石の原稿を持ち帰って読んでいたら、なんと、漱石の鼻毛が数十本くっついていたそうな。

しかも根元の肉ごとべったりついていて剥がれることがなかったと。

戦争により所在がわからず、その原稿は残っていないので
しかたなくお孫さんである夏目房之介さんに鼻毛を抜いてもらって
その原稿を視聴者プレゼントにしてたよ!

バカだねぇ〜。

↓ちなみにこんな本があった。

孫が読む漱石
孫が読む漱石
夏目 房之介

漱石の孫
漱石の孫
夏目 房之介


吾輩は主婦である:ちよこ役 竹下景子さんインタビュー

→吾輩は主婦である:ちよこ役 竹下景子さんインタビュー見る

そういえば家族の一員なのに、まだだったちよこさん。

竹下さん自身は韓流ファンではないらしい。

吾輩は主婦である:第三十七話「てがみ」


→吾輩は主婦である見る
第37回 7月11日(火) てがみ
みどりの小説が、三四郎文学賞にノミネートされていると連絡が。しかし、みどりの行方はつかめない。本人が授賞式に出席できないと、受賞できないというのだが・・・。一同は、まゆみ宛ての遺書を読むことに。そこには、みどりだけが知る、まゆみの秘密が記されていた。


今日はかなり爆笑してしまった。

吾輩おもしろすぎ!
でもまだ吾輩は家に戻ってきていない。
遺書なんて読んでないでみんな探しに行けばいいのに。
なんでそんなに落ち着いていられるんだ。
続きを読む >>

吾輩は主婦である:ゆきお役 川平慈英さんインタビュー

→吾輩は主婦である:ゆきお役 川平慈英さんインタビュー見る

またインタビューページが更新されていた。

今回は、ゆきお役の川平慈英さん。

やっぱりモンナシーヌのシーンが楽しかったようだ。
あのタップはすごかったね。
自身で美声じゃないと自負しているが、兄のジョンは美声だと。
でもモンナシーヌの唄は、よかったね。

宮藤さんてよく役者さんのあてがきをやることが多いみたいだけど
このゆきお役は、まさしくそうなんじゃないかな?

吾輩は主婦である:第三十六話「ちがう」

→吾輩は主婦である見る
第36回 7月10日(月) ちがう
忽然と姿を消したみどり(斉藤由貴)。ちゃぶ台に『遺書』と書かれた封書が残されていた。それは、たかし(及川光博)に宛てたものだった。他にも、まゆみ(東亜優)、じゅん(荒井健太郎)、ちよこ(竹下景子)宛ての遺書に加え、小松(岡田義徳)や朝野(高橋一生)に宛てたものまで見つかった。しかし、やすこ(池津祥子)に宛てたものは見つからず・・・。


とうとう今週で吾輩も終わり。
さびしいー。
予告で漱石が教壇に立ったりしているシーンは
回想シーンだった。戻ってきたかと思って期待していたが。。
今週はみんなに宛てた遺書を順番に読んでいく様子。
じゅん→まゆみ→ちよこ→たかし。
そして最終回はみどりへの遺書。どうなるんだろうね。
続きを読む >>