スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

1980

1980
1980
ともさかりえ

監督のケラリーノ・サンドロヴィッチの名前を
私は時効警察を見て知った。

時効警察では、喫茶店「森の荒熊」が出てくる8話。
帰ってきた時効警察では、
この映画の主演でもあるともさかりえがゲストの4話で
監督、脚本を手がけている。

続きを読む >>

ゆれる

ゆれる
ゆれる
オダギリジョー

楽しい作品好きな私にはちょっと重いテーマの作品だった。
続きを読む >>

亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版
上野樹里

→亀は意外と速く泳ぐ
※(予告編、こちらでも見られます)

やっと見れた!
なんとも私好みの作品でうれしかった。
平凡な専業主婦だったスズメ(上野樹里)が
スパイ募集の広告を見て電話し、いきなりスパイとなった。
世間からなるべく目立たないように、
ごく平凡に暮らさなくてはいけないとの指令。
スパイ仲間にはラーメン屋さんも居て、本当はおいしいラーメンが作れるのに
そこそこおいしいラーメンを作って行列ができないようにしたりして。

まあ、主婦のほうは任命されても以前と変わってないように思えるが(笑)
ごくごく普段の生活に近い日常をゆるゆると描いていて
日々のどんな小さなことでも、うれしい発見につながるようなそんな作品だ。

ほぼ2年前に公開された作品だが、スズメ役の上野樹里ちゃん、
くじゃく役の蒼井優ちゃんふたりともまだホッペがぽっちゃりしてて初々しい。

回想シーンだけど、ふたりが学生服を着てカバンのステッカーを見比べている
ところがかわいかった。なんでか、その姿が異様にしっくりくると思ったら
まだこの頃の二人は十代やん。

上野樹里ちゃんは十代にして既に奥様役をやってたとは!
そして親友役の蒼井優ちゃんは、友達思いでメチャたくましいッス。
どなり声も結構思い切ってやっててよかったー。

脇を固める俳優さんたちも時効警察や三木さん監督作品で
おなじみのメンバー。
こないだ、この作品の監督である三木さんの最新作
図鑑に載っていない虫」を観て来たばかりなのもあり、
あまりにも出演者がいっしょすぎておかしかった。。

それ以外では、要潤くんが結構ハマリ役。
ハマっているというと失礼かなぁと思っていたら
舞台挨拶の映像で、自分でもハマっていると自画自賛。
撮影秘話の自分スロー話がおもしろかった。
ちなみに彼は三木監督のファンらしい。

DVDに入っているいくつかの予告編、
普通なら映画にある映像を使われてそうだが
半分くらいはオリジナル作品。
それが、すっごくしょうもなくて笑える。

あと、舞台挨拶の衣装。
劇中でも上野樹里ちゃんは、亀にちなんでか
緑を基調とした衣装が多かったが、
舞台挨拶でも上野樹里ちゃんはじめ、
みんな緑を意識した衣装を着ていたのがおかしかった。

本編以外も細かいけど見応えアリだ。

るみたんの変身

20070612_364205.jpg
「ぼくの魔法使い」みてるで〜☆yukki姉さんに借りましたDVDをちまちまちょっとずつみていて、今は2話が終わったところさ。

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ さよならキャッツ★限定版

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ さよならキャッツ★限定版
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ さよならキャッツ★限定版
岡田准一
今日、Amazonから届いたワールドシリーズ。
劇場で1回観てDVDでもう一回観て。
それでもやっぱりおもしろかったー。
何回も観たらまた細かい発見がいっぱい出てくると思うが、
今日、DVDを観て判明したこと。

・ワタクシ、恥ずかしながら劇場では
「要するに」が多すぎたUSA野球選手役の橋本じゅんさんと
武藤のモノマネをしていた神無月が同一人物だと思っていた。

・今は「バンビーノ」で松潤が「パンビ」って呼ばれてるけど
(しかもマスター役だった佐藤隆太くんが一番呼んでいる!複雑。。)
やっぱり元祖は櫻井君のバンビだということ。

と言いつつ、今日も「バンビーノ」見てしまったよ!
「バンビーノ」は、マサヲさんおすすめドラマだ。

さて、本編と特典映像とDVD2枚でなぜこんな箱なのか。
今までのドラマDVDと日本シリーズのDVDを
まとめて収納できるようになっているのだよ。
あと私は持っていないが『猫でもわかる木更津キャッツアイ』も。
届いた時点では、その隙間には初回限定版の特典グッズが入っていた。
まだ開けてない(笑)

すいか DVD-BOX

すいか DVD-BOX (4枚組)
すいか DVD-BOX (4枚組)
小林聡美
http://www.ntv.co.jp/suika/

リアルタイムでも見て、レンタルでも見て・・・何度も見てしまうこの作品。
Amazonでは定価より22%OFFだし、ちょうどギフト券が届いたこともあって
気まぐれに値段が、定価に戻ってしまわぬうちにと
この際、思い切ってDVDBOXを買ってしまった。
『野ブタをプロデュース』などの木皿泉作品や
映画『かもめ食堂』を好きな方が見ると
この2作品に負けないくらい心に残る作品となること間違いなし。

このドラマでは『かもめ食堂』で出演している小林聡美さん、もたいまさこさん
片桐はいりさん(第4話、第9話、第10話)らが出演。

だが、この3人の役柄は、まったく異なるもの。

特に小林聡美は、『かもめ食堂』のサチエとは真逆で
やりたいことも特に無く
飛行機に乗ったことがない・・・
毎日同じことを繰り返している平凡なOL役。

だが、おいしいものを食べることでは『かもめ食堂』と共通しているし、
偶然ながら、おにぎりをみんなでほおばるシーンもある。
『すいか』での舞台となる女4人が暮らす下宿アパート、ハピネス三茶は
まかない付きの下宿なので、毎回食事シーンが出てくるのだ。

ここの住人である大学教授役の浅丘ルリ子のセリフが
とても印象的で、アパートの住人だけでなく、
見ている側まで元気づけられる。

同じく住人の漫画家:絆(ともさかりえ)が飼ってる猫、綱吉。
猫好きの私にとっては、彼も重要。
かわいいだけじゃなく、物語の上でも大いに活躍。

ゆかちゃん(市川実日子)はスリランカに行ってしまった
お父さんのアパート:ハピネス三茶のオーナー。
毎回最後に出てくるモノローグはゆかちゃんが
スリランカに住んでいるお父さんに宛てた手紙。
このモノローグがドラマの良さをさらに引き出している気がする。

馬場ちゃん(小泉今日子)は勤めていた信用金庫で横領→逃亡。
基子(小林聡美)とは同僚で逃亡中も時々連絡を取り合ったりするのだが
単に同僚だと思っていた間柄を超え、深い友情をお互い確認することとなる。

ドラマで着ている衣装もすごく私好みでエプロンまでかわいい。
各回で着ていたお洋服の紹介がこのDVDにも収録されている。
おそらく公式サイトにあるファッション紹介と同じ内容かも?

ずっと一緒だと思っていたこともいつか終わりが来る。

この先、なにが起こるかわからない。

同じような毎日でもどこか違っている。

そんなごくごく日常的なことをゆったりとおもしろく描いている。
地味で視聴率もよくなかったようだが、
このような雰囲気のドラマはほかにないと思う。
機会があれば、ぜひ。

メゾン・ド・ヒミコ

→メゾン・ド・ヒミコ見る

昨日DVDを借りてきたはいいが、さんまとスマップの番組がおもしろくて
つい見てしまい、結局見始めたのは夜中の1時すぎ。

しかし、結末に向かうにつれて展開が意外なものになっていき、
眠さは一気にふっとんだ。

途中で口をあんぐりあけてしまっていた私。

でもエンドロールの曲は眠りにつくには
いい具合の曲だったおかげでぐっすりと眠れたような?
でも見終わったのは3時だったー。ひえー。


続きを読む >>

『ぼくの魔法使い』観ました

ぼくの魔法使い DVD-BOX
ぼくの魔法使い DVD-BOX
伊藤英明
なかなかレンタルで見れないので
こないだブックオフでとうとう買ってしまったDVDBOX。
今日は途中までだけどやっと観れた。

やっとこのドラマレビューも見れる!

みったんとるみたんのラブラブぶりは、想像以上で(笑)
でも私は見ていてふたりともかわいいなぁと思った。

るみたんが田町の顔に変身することに関して
周りのみんなが
「こんなおっさんに変身してなんのメリットがあるんだ!?」
と同じセリフを何度も言っているのがおもしろかった。

「マネーの虎」とか懐かしいなぁ。
ノーマネーでフィニッシュ。

宮藤さんの本とか見てると「意外と井川です」とか
時々、ぼくの魔法使いのセリフが出てくるのでどんなだろうと
楽しみにしていたけど予想外の声と言い方でウケた。
このセリフは、本人役で出ている井川遥の一発ギャグだったのか。。

もこみちも本名で出ていて(こちらは本人役ではない)
今では考えられないくらいアホな役だったけど
結構ハマっててよかった。

阿部さんは脇役ながら、他のドラマに比べても
出番多くて、うれしかった。
大人計画の人もいっぱい出てた。

ほか大倉さん、めちゃイイ感じ。
小田茜のヅラがずれたり、
マネキンって呼ばれてたのめちゃウケた。

西村さんは、三谷さん脚本の作品にも
ありそうな上司役でだったけどなかなかよかったわ。

毎回みったんが、便利屋として依頼されることにまつわるエピソードは
あー、これわかるわぁ、こういうことあるわぁっていう内容で
めちゃ共感できる。その上、一話ずつ見終わるとあーよかった
って安心するというか、なぜか幸せになれる・・・そんな感じ。

来年公開の映画『舞妓Haaaan!!!』の監督は
このぼくの魔法使いの演出を手がけた水田さんらしいので
阿部さんのおもしろい役が期待できそう。

事務キャリー

20060814_223397.jpg
「エターナル・サンシャイン」観たよ。
想像どおりやっぱりいい映画だね。
公開時から観たくて、レンタルになってもずっと貸出中だったの。
とても待ち焦がれてたよ。
主役のふたりが魅力的。
ジム・キャリーってこんなにかっこよかったのね。
大切な人のことを、さらに大切に思える映画でしょう。

イン・ザ・プール

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール

先週末、TSUTAYAのレンタル半額ということで
ぼくの魔法使いを借りにいったけどまた1巻だけ借りられてて
代わりにイン・ザ・プールを借りた。

なのになかなか観られなくてとうとう明日返却日。
あわてて今日の夜みたというわけだ。

松尾スズキが主演だけどオダギリさん、岩松了さん、ふせえりさんと
時効警察の出演者がかぶってるのうれしかったわ。
もちろん三木さんが脚本・監督なので時効警察が好きな人はきっと
おもしろいと感じるだろう。。
私は爆笑というほどではなかったけど、笑い方でいうと
ニマニマ、ニヤリ!ってカンジかな?

このエンディングテーマが私の世代的にめちゃくちゃ
懐かしかったのだが、昔なにかの番組のエンディングで
使われてたような・・・お笑い番組かな?
ちょっとうろ覚えなのでもし観られた方で
同じ感想をお持ちの方は教えてください。

あと、三木さんの作品で観てないのは『亀は意外と速く泳ぐ』かな?
おなじく岩松さんとふせえりさんが出ているほか
蒼井優ちゃんも出ているみたいなので今度見てみたい!

ちなみにいつも行くスーパーの脇にある池で亀が泳ぐのを見た。
意外に早かったよ。

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版